アクリルの特徴

プラスチックとアクリル

プラスチックは一般的に合成樹脂の総称で、石油を原料とし、熱や圧力によって可塑性を示し、任意の形に加工・成形できる高分子物質です。アクリル樹脂(acrylic resin)はプラスチックの一種で、熱可塑性樹脂に分類されています。
耐久性にすぐれ、美しい透明性を持っていることから、レンズ、装飾、水族館、インテリア、ディスプレイまで、私たちの生活の様々な物に使われています。

美術館やギャラリーの展示ケースになぜアクリルが使われるのか?

美術館やギャラリーでは展示にアクリルケースが多く使われています。
その理由として上げられるのは、

  1. ガラスよりも軽量で加工性が高いこと。(ガラスの半分程度の重量)
  2. アクリルの透過率は可視光線透過率は92%でガラスの透過率90%より優れていること。
  3. ガラスよりも割れにくく、割れても飛散しにくいこと。
  4. 展示物を見る人に、そのままの作品の価値を伝えることが出来る。
  5. 作品をホコリから守り、ゲストが直接触ったりする事を防ぐ。
  6. 作品の大きさに合わせて自在に設計することが出来る。
  7. 中に入れた物はそのまま飾られているよりも格段と引き立つこと。

などがあります。
個展や作品展示の機会にぜひ、アクリルのケースをお役立てください。

アクリルケースを捨てるには?

プラスチックの中でアクリル板はメタクリル樹脂に分類され、リサイクルは100%可能な素材です。
一般のご家庭や企業様ではリサイクル業者と契約することは難しいので、自治体にご確認ください。