ABOUT F+Tres

F+Tresのはじまり

F+Tresは溢れるモノの中から、自分のお気に入りの家具や器を丁寧に選ぶように丁寧に暮らしたい。
透明なケースの中に入れるお気に入りのモノは、単に収納するだけでなく、愛するものと暮らしを共にしていくこと。
そんな気持ちから誕生しました。

商業施設、店舗什器やブランドの商品のディスプレイを主な事業としている株式会社藤巧芸が運営しています。
アクリル板加工の“ものづくり”において、アクリルケースは主にプロユースとして使われる事がほとんどです。
『“アクリル”という美しい素材を“インテリア”として、ご家庭に届けたい。』という思いがデザイナーや設計担当者には ありました。
そして、ユーザーからの生の声が製造担当者の励みになっていることは言うまでもありません。

F+Tresの思い

自分らしい暮らしを見つけるために。
誰かに与えられたものでなく、自分で考え、自分で選び、自分で作り上げる。
それが「これから」の暮らし方であるとF+Tresは考えています。
ぜひ、アクリル板の特性を生かした“こう言うものがあったらいいな”をお聞かせください。
F+Tresはみなさまからいただいたお気持ちを“カタチ”にして参りたいと考えます。

F+Tresのデザイン

プロユースのものをデザインしてきたノウハウを生かし、長年培われてきたプロダクトのなかで自信を持ってご提案できる製品を開発していきたいと思います。
F+Tresの商品は、収納した時、飾った時、生活のモジュールにこだわって設計しています。
入れるものが美しく見え、インテリアに溶け込むデザインを心がけています。

透明な素材を生かしたプロダクト

F+Tresは透明度の高い国内メーカー製アクリル板を使っています。
また、単なるホコリよけのケースに留まらず、中に入れるものを美しく見せる効果がある、厚手の板(5〜20ミリ厚)を使っています。
加工が難しいことから市場ではあまり売られていない板厚のケースですが、アクリルの美しさに納得できる板厚で、敢えてデザインに組み入れました。
あなたの大切ものが美しいインテリアになる生活のはじまりです。

なぜセミオーダーなのか

大量生産し、大量消費し、大量廃棄の時代は終わりを迎えつつあります。
F+Tres では在庫を持ちません。なぜなら、欲しい人が欲しい時に本当に欲しいものを大切に使う時代だと考えたからです。
そこで、セミオーダーという選択をしました。
欲しいものがすぐ手に入る時代に“2週間でお届け”はいかがなものか?と思いましたが、そこはあえてお待ちいただき、ピッタリサイズでお届けできるユーザビリティを大切にします。
そして末長く生活の中でお使いいただきたいと考えています。